{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010624616521   整理番号:68A0044497

流体素子は制御技術を急速に進歩させる

Fluidics : A fast-developing control technology.
著者 (1件):
資料名:
巻: 60  号:ページ: 138-143  発行年: 1967年
JST資料番号: D0402A  ISSN: 0032-9819  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
流体素子は流体(通常は空気)を使って制御する素子で油圧バルブや電磁継電器のように可動部分がなくショック,振動,温度に強い特徴がある。Corning Glass社は’60年から製作を始め同社の学校から700名もの技術者が卒業した。同社では流体素子を作るための装置を流体素子で制御している。実例を示して流体素子を紹介する;写8 図1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る