{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010627174287   整理番号:68A0059684

COガスと液体コ一クス使用ボイラの傾向

Trends in CO and fluid coke boilers.
著者 (1件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 78-79  発行年: 1968年
JST資料番号: D0111A  ISSN: 0026-8313  CODEN: MPENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
製油所の副産物燃料として液体コークスとCOガスを使用することによ剪,プロセス廃物の処理の問題と大気汚染の問題が改善される液体コークスプロセスは重油から軽質製品を得る時に用いられるがこの時微粒のコークス種を導入する時,粗い砂状の硬い燃料が得られる。またCOガスは熱解媒クラッカーなどから高温ガスとして得られる。ζれら副燃料を使用するボイラ設計の問題について論じた;写図1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る