{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010631292260   整理番号:68A0133716

N-ビニルレピラロキノン

Uber N-Vinyl-pyrazolochinone.
著者 (2件):
資料名:
巻: 101  号:ページ: 1987-1990  発行年: 1968年
JST資料番号: B0264A  ISSN: 0009-2940  CODEN: CHBEAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
N-ビニルー標題化合物を常法により8種合成し重合性を検討した。2.3の5,6ポエポキシ体においては元のキノン体よりも重合性が高まり好収率で重合体が得られ従ってポリ(ビニルナフトキノン)やポリ(ビニルインダゾールキノン)の調製が可能となった;表3参6

前のページに戻る