{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010635625280   整理番号:68A0131594

直接アルキル化反応における第三アミンのα位のカルボアニオン性

Carbanion character at the oLposition of tertiary amines in the direct alkylation reaction.
著者 (2件):
資料名:
号: 23  ページ: 1198-1199  発行年: 1967年
JST資料番号: D0376B  CODEN: CCOMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
n-ブチルリチウムと1-ヨードブタンを用いてN-エチルーN-メチルアニリンをブチル化すると二種の異性体が次の割合で生成;PhNEtCH2Bun14.6%,PhNMeCHMeBun4.4%。N-(2-ブチル)-Nーメチルアニリンの場合はPhNCHMeEtCH2Bun22.2%,PhNMeCMeEtBun1.2%。この反応はリチウム化よりも速く,カルボアニオン中間体を経由するとは考えられないが,遷移状態におけるカルボアニオン性は存在するものと推定;表1参10
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る