{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010657297448   整理番号:68A0300171

超音速機をめぐるボーイング社の試練

Boeing’s ordeal with the SST.
著者 (1件):
資料名:
巻: 78  号:ページ: 129-133,191-192,196  発行年: 1968年
JST資料番号: H0423A  ISSN: 0015-8259  CODEN: FORTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボーイング社では超音速旅客機製作のため,過去5年間に全米の8種類の風洞において3万時間の実験を行ない,計算機を用いて8万時間の分析を行ない,人・時にして延べ850万人・時を投入して研究をしてきた。この超音速機は,飛行中に翼を開閉する仕組みとなっている関係上,非常に強力な枢軸またはちょう番を使用するもので,離・着陸時には翼が胴体に対して一直線になるように開いているが,超音速で飛行中は尾部にたたまれる設計のものである。この設計は注目すべきものであったが,大形機が実際に飛ぶのは不可能であることが判明し,設計が振出しに戻ったと詳論;写図3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る