{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010682803757   整理番号:62A0082195

ジクロルカルベンと2H-1-ベンゾチオピランおよび4H-1-ペンゾチオピランとの反応

The reaction of dichlorocarbene with 2H-1-benzothio-pyran and 4H-1-benzothiopyran.
著者 (2件):
資料名:
巻: 83  号: 19  ページ: 4034-4038  発行年: 1961年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2H-1-ペンゾチオピランとジクロルカルペンとの反応で2-ジクロルメチル-2H-1-ベンゾチオピランおよび4-ジクロルメチル-4H-1-ペンゾチオピランを生成。中間にシクロプロパン環の生成は認められなかった。4H-1-ベンゾチオピランとジクロルカルベンとはうクロプロピル付加物のみを生成

前のページに戻る