{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010695958849   整理番号:60A0076690

放射性トレーサーを使用してのレベリング

Further studies of leveling using radiotracer techniques.
著者 (2件):
資料名:
巻: 107  号:ページ: 785-787  発行年: 1960年
JST資料番号: C0285A  ISSN: 0013-4651  CODEN: JESOAN  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
前報で,アリルスルホン酸ナトリウムは光沢ニッケル溶液にレベリング特性を与え,この質物が陰極面上の凸起部に選択的に吸着するからだと,説明した.今回はこの説が金属表面の粗面度のどの程度にまで適用されるかを研究した結果,微細輪郭の大きさまで適用されることが判った.またS-35を使用して,陰極に折出するニッケル中の放射能を測定した結果,ニッケル中のSはスルホン酸基から直接金属に折出するものであって,めっき溶液中に含まれる硫酸イオンが交換反応を行なって,間接的に陰極に折出するのではないことが判った;写1図2表4参3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る