{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010720591190   整理番号:68A0186478

のほうろり仕上げ性

EWmaiWlli.erbarkeit von Stahl.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号: 12  ページ: 362-364  発行年: 1967年
JST資料番号: D0055A  ISSN: 0026-0797  CODEN: MOFEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ほうろう仕上げの難易は多くの要因に左右されるが文献などは少たかった。1961年改新されたDIN-1623には,ほうろう仕上用鋼板は3mm以下の厚さで炭素含有量はなるべく0.1%以下がよいなど明示された。ほうろう不良の原因の多くは水素ガスが原因である。ほうろうの粘土から出る水素は鋼板上に吸着され拡散し,後にほうろ,の欠陥を作る。文献や職人の所見などのうち,決定的なものは何かについて考え,銅材含有成分としてのSiMn,p,s,n,Cu,Ni,Cr,Mo,Ti,Al,0などの元素の影響について述べた;表1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る