{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010729232680   整理番号:68A0323856

147Ndの崩壊特性

Decay Properties of 147Nd.
著者 (2件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 459-465  発行年: 1967年
JST資料番号: A0454A  CODEN: AFYSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スウェーデン (SWE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
147Ndのβ崩壊による147Pm準位の遷移については,数多くの報告があり,全ての強い準位は正パリティを持っていると考えられていたが,最近ではそのうちのいくつかはパリティが負であると報告されている。本報告では,147Pm中の489keV準位またはその他の準位が負パリティを持つか否か実験し,変換係数の測定およびいままで報告されていない準位の多重度を決定をおこなう。Ge(Li)検出器を用いて,二重収束スペクトロメータによって147Ndの崩壊からのγ線および内部変換スペクトルを研究した。589keVに新しい遷移が発見され,489keV準位のパリティは正であった;写図4 表2 参21
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る