{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010731708951   整理番号:68A0080257

液体や油の中に存在する微少物質を検出するためのレーザの利用

Laser used to detect small particles in liquids and oils.
資料名:
巻: 20  号:ページ: 238-239  発行年: 1968年
JST資料番号: E0093A  ISSN: 0036-8792  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
液体中の微少物質はフィルタで取除くことができない位小さいものもあり,また浮遊して数千分の1cm以下である。レーザは非常に密な光の束で,試料が少量でよく,また簡単な増幅器を用いて測定できる。液体の汚れ具合の較正はいくつかの標準濃度のものが用意され,それらによるレーザの分散を計って試料の濃度を推定する。装置にはヘリウムネオンから出るレーザを通すガラスのチューブがあり,その中に試料の液体が入れられる。この方法はオイルの中や機関の吸気の中の微少物質の検出など,微少物質による汚れの研究に広く利用できる;写2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る