{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010739226140   整理番号:58A0055223

導体としてアルミニウムを溶接して用いた離相母線

Welded Aluminum Conductors in Isolated Phase Bus.
著者 (2件):
資料名:
巻: 1958  号: 36  ページ: 337-342  発行年: 1958年
JST資料番号: A0340A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
接目をボルト締めとするより,溶接した方が点検と保守が容易であるので母線の接続にアルミニウムを溶接することを考えた。研究の要点は,接ぎ目の導電率,必要な空間,コネクタの設計,熱の流れ,溶接の堅ろうさなどである。電流容量8000A,の防じん,防水型の製晶を作ったこれは6~10年に1回くらいの点検でよい
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る