{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010748662564   整理番号:68A0204800

電気供給産業の研究活動 英国の現状

Electricity’s research effort - the British picture.
著者 (1件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 298-301  発行年: 1967年
JST資料番号: D0383A  ISSN: 0013-5127  CODEN: ELPWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
英国中央発電庁CEGBは三つの中央研究所と五つの地区研究所をもつ。地区研究所は溶接法などの応用科学面を受持っている。研究費は’67年度で約800万ポンドで年収の1%弱。以下主な研究例。がいしのクロスX設計は275kV回路を400kVに格上げした。河越え送電線の空気力学的特性の研究,煙突煙じんのレーザによる追跡も成果をあげた。フエリーブリッジ発電所冷却塔の,強風による崩かい原因究明も結論をだした。MHD発電では,熱入力300MW,1燃焼室電気出力25MWの発電設備を設置し,またMHD用超導電磁石の開発も進んでいる;写図5

前のページに戻る