{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010779863975   整理番号:68A0039191

Ni-Feフェライト単結晶の強磁性共鳴線幅におよぼす誘導磁気異方性の影響

Einfluss einer magnetfeldinduzierten Anisotropic auf die Linienbreite der ferromagnetischen Resonanz in NiFeFerriteinkristallen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号: 78  ページ: 332-340  発行年: 1968年
JST資料番号: A0398A  ISSN: 0003-3804  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁気焼なましをほどこした試料とほどこさない試料とについて強磁性共鳴線幅の差の方向依存性を測定。特に〔100〕方向において効果が顕著に現れること,低温で著しいことを報告。線幅の変化と共に共鳴線型の変化を観測,共鳴線幅および共鳴線の形状の変化をモデルにより説明することを試みた;図4表3参16
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る