{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602010780009252   整理番号:58A0021865

不動態に関する吸着説とFlade電位

The Adsorption Theory of Passivity and the Flade Potential.
著者 (1件):
資料名:
巻: 62  号: 6/7  ページ: 626-632  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0432A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
多くの研究を総合すると鉄上の最初の不動態薄膜の性質は,(1)25-100Åの厚さ(2)0.01クーロン/cm2に当量(3)CrO-2をCrO2-4へ酸化できる(4)Flade電位は-0.58+.058pH(ボルト)に従う。これらの性質は既知酸化鉄によっては説明できなく,化学吸着した原子あるいは分子状酸素に加えてOHおよびH2Oを含む組成の不動態薄膜を考えるべきである。同様なことはCr-Fe合金およびCr上の薄膜についてもいわれる。不動態薄膜の厚さはTronstadの光学法によれば上述より薄く4-15Åである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る