{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602010790408201   整理番号:58A0011570

小さい公差ではめあい部品を量産するための工作法の決定

Determination d’une methode d’usinage pour la fabrication en serie d’elements d’assemblage a tolerance reduite.
著者 (1件):
資料名:
巻: 44  号: 10  ページ: 267-273  発行年: 1958年
JST資料番号: D0362A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
噴射ポンプ部品の製作に関し機能上必要なすきまと仕上面状態をも考慮に入れた製作誤差に基く実際のすきまとの寸法公差に対する関連を実例について計算し合せて噴射ポンプ部品の製作に用いた加工機械と測定機器についてその概要を説明
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る