{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010799324531   整理番号:68A0332437

生薬試験法による生薬ならびに生薬方剤の研究 XX 抗菌性による植物の探索研究(4)Dioscin ならびに関連化合物の抗真菌性について

著者 (6件):
資料名:
号: 26  ページ: 76-83  発行年: 1967年
JST資料番号: F0323A  ISSN: 0371-5973  CODEN: TDKNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
dioscinならびに関連化合物23検体について,13種の真菌を用いる予備試験ののち,piricularia oryzae に対する抗菌力およびHansenula anomalaに対する抗菌力を検討した.dioscinならびに関連化合物の抗真菌牲には糖部が大きく関与する.糖の種類,配列および数は抗菌力に大きく影響し,3糖のが最も強い抗菌力を示す.また糖部がアシル化されると抗菌性を失う.diosgenin,tigogeninは非常に弱い抗菌力をもつが,通常認めにくく,配糖体になって初めて抗菌力が認められる.さらにアグリコン部の化学構造も抗菌力に影響するが,糖部の影響ほど強くはない:参11

前のページに戻る