{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010804184905   整理番号:68A0314050

致死的な紫外線損傷の回復に関与する細菌遺伝子および〓素

Bacterial genes and enzymes involved in the recovery from lethal ultraviolet damage.
著者 (4件):
資料名:
ページ: 66771-789  発行年: 1967年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射線感受性変異株を分類すると,(a)X線,UV照射後分裂を阻害されるもの。(b)バクテリオファージDNA中のUV損傷を回復できない。(c)ファージDNAのUV損傷は回復するが感受性のもの(d)UVおよびX線に感受性なもの。(e)UV.X線に感受性で遺伝的組換えのできないもの。これらを支配する遺伝子の位置を決定し相互の差を記載。M.lysosleikticusの〓素標品は紫外線照射した複製型ρ×174DNAを回復する。しかしX線照射複製型DNAあるいは一本鎖DNAは回復しない;写図10表1参35(北山 滋)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る