{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010826780749   整理番号:68A0154817

下水スラッジの加熱脱水処理工各種家庭下水スラッジによるパイロットブラント試験

Heat syneresis of sewage sludges.I-Pilot plantD tests with various domestic sludges.
著者 (2件):
資料名:
巻: 115  号:ページ: 217-220  発行年: 1968年
JST資料番号: E0373A  ISSN: 0043-1125  CODEN: WSWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コロイドゲルを加熱すると脱水凝結の現象があることは古くから認められていた。ここでは温度スラッジの種類,滞留時間を変えてろ過性がどう変るかを検討し,かつクーキの熱量測定も行なった。生スラッジおよび生スラッジ十活性スラッジは温度(170°Cまで)および滞留時間(20分まで)が大になればろ過性は大幅に良くなるが散布ろ床スラッジはスラッジはスライム性のためか何ら影響されなかった。脱水ケーキは完全殺菌状となるので埋立てや肥料あるいはブロセスの加熱用熱源として有効に利用できる;図1表2参11
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る