{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010835361341   整理番号:58A0057227

ブラシの許容電流密度上昇の可能性について

О возможности повышения допустимой плотно-сти тока под щетками.
著者 (3件):
資料名:
巻: 29  号: 10  ページ: 17-19  発行年: 1958年
JST資料番号: R0119A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ブラシの電流密度を大きくできれば.電気機械の小型化が可能である.しかしブラシの電流密度は,その摩耗および加熱,整流子の加熱などによって制限される。これらの影響度を明らかにするとともにブラシ電流密度を上昇させたときの影響を指示すべく.出力20kW以下,回転速度21.3m/s以下の直流電動機について行った一連の実験結果の報告
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る