{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010839861330   整理番号:68A0120055

ピロカテ.キン,ピロガロール,それらの誘導体.ジフエニルグアニジンの存在でバナジウムを抽出する際に生成する化合物中のバナジウムの原子価

О валентности ванадия в соединениях,образующихся при его экстракции в присутствии пирокатехина,пирогаллола или их производных и дифенилгуанидина.
著者 (2件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 1603-1607  発行年: 1968年
JST資料番号: R0138A  ISSN: 0044-457X  CODEN: ZNOKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
五価.四価のVの錯体を調製し,溶液の吸収スペクトル,EPRスペクトル,磁化率を測定し,抽出錯体中およびV(IV)から得た錯体中のバナジウムが四価であることを確めた;写図3表1参18
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る