{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010839882818   整理番号:68A0302088

業績評価会計情報の測定と分析にかんする一考察

著者 (1件):
資料名:
巻: 94  号:ページ: 278-291  発行年: 1968年
JST資料番号: G0356A  ISSN: 0387-2963  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
分権的管理制度における内部振替制度には事業部の業績評価基準として市場供給価格基準があるが,一般市場で大量取引されているときの最低市価方式,外注算価方式,市価割引方式がある。標準原価基準は純比例的な変動要素については客観性を保持できる。だが事業部管理不能な固定費は各事業部のインプットとしてチャージしないこと,業績評価は全社的目標を達成できず,公平表評価ができないときは適切左方法を採用することが望ましい;参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る