{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010842388450   整理番号:68A0327580

塩化木スホニトリル IX ジオキサン中における塩化ボスホニトリル三量体と2,6-ジメチロールパラクレゾールとの反応および反応重合体

著者 (2件):
資料名:
巻: 71  号:ページ: 1470-1474  発行年: 1968年
JST資料番号: F0171A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩化ホスホニトリル三量体(PNCI2)3と2,6-ジメチロールパラクレゾール(DMPC)との脱塩化水素反応をジオキサンのふっ点付近の温度で行なったところ,活性化エネルギーは約11.4kcal/molであった.またこの反応で,有機溶剤に不溶の生成物(I)と可溶の生成物(II)を得た.IおよびIIを化学分析した結果.Cl8H24O6P3N3Cl1.5,およびC9H10O3PNの実験式を得た.IIの極限粘度は0.045であった.IおよびIIを同一条件で加熱すると,IIからのみ樹脂状重合体が生成。この重合体は10kc/sで誘電率が2.8,飽和吸水率7.5%,屈折率1.567,または水および熱に対して比較的安定であることが判明:参23
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る