{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010848656189   整理番号:68A0013519

A=14核におけるβ,γ線データから得たテンソルカの証拠

Evidence for a nuclear tensor force from massLf beta and gammaray data
著者 (3件):
資料名:
巻: 40  号:ページ: 591-610  発行年: 1968年
JST資料番号: D0518A  ISSN: 0034-6861  CODEN: RMPHAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
14C,16OのG-T型行列要素,14Nの下の4つの準位間のM1,E2の遷移確立等のデータからA=14核の波動関数を調べた。結果は殻模型の波動関数は主としてS4P10の配位によるがS4P8(2s,1d)の配位混合も含むことを示した。また相互作用として中心力+スピン軌道相互作用を考えるだけでは不十分でテンソル力を考えないとデータを説明できない。14Cのβ遷移はS4P10の配位から起る行列要素の打消し効果による。一般に配位混合は2次的な効果しかなく唯一の例外は14Nの第一励起状態からのM1γ遷移に対する影響である。ΔT=0,E2が合わぬのは集団運動の影響によるものと考えられる;写図4表11参46
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る