{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010876788090   整理番号:68A0320291

58Ni(p,n)58Cu反応における2実アナログ共鳴

Дубль-аналогвые резонансы в реакции58 Ni(Pn)58Cu
著者 (6件):
資料名:
巻: 31  号: 10  ページ: 1679-1685  発行年: 1967年
JST資料番号: R0045A  ISSN: 0367-6765  CODEN: IANFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
タンデム加速器用いて58Ni(p,n)58Cu反応の励起関数をEp=9.5~l0.6MeV,エネルギー間隔5~10keVで測定し,複合核59Cuの励起エネルギー~13MeVに強い独立した共鳴(Γ〓20keV,D〓40MeV)を観測した。この領域ではT=1/2状態は完全に縮退しているのて(Γ≫D,Γ〓1keV),この共鳴は普通のアナログ共鳴(Γ
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る