{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010887625789   整理番号:68A0262592

ズデーテンの火成活動輪ねよびびそれと造構運動との関係

Die geomagmatischen Zyklen in den Sudeten und ihre Verbindung mit den Tektogenesen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号: 67  ページ: 661-669,662(1)  発行年: 1968年
JST資料番号: D0174A  CODEN: GEOBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ズデーテンの先アッシント期,アッシント期,カレドニァ期,占リスカン期の各地向斜は,いずれも初期火成活動をもつ。ラゥジツのカンブリア紀初期のフリッシュモラッセ盆地も同様な火成愚動を示す。造山期火成活動よ古古い時期の火山活動は各地に見らる。造山時のひん岩と花こう岩はアスツリア時階とモラッセ形成時に生じた。造山時火山活動は,初期火成活動を示す個個の地向斜の一発達時期を表わすのではなく,ズデーテンの全地質構造に支配される。サブシーケント期火山活動,ザール時階火山活動,新第一紀の終末期火山活動もモラッセ形成や地塊運動に関係する;写図1参26
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る