{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010917390170   整理番号:68A0219205

D-A変換器の設計についての考察

A note on the design of digitaltoanalog converters.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 685-686  発行年: 1967年
JST資料番号: C0233A  CODEN: IEECA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
AARONとMITRAが最近発表した,スイッチのある正抵抗のD-A変換器の設計方程式についての修正案で,kろえに1ビットだけ余分に附加することにより,AARONらの方式をより適用範囲を拡張できることを示している。すなわち,AARONらははしご形回路網での等価電源抵抗の設計に主眼をおいているのに対し,1ビット附加することにより,ある回路の組合せについての設計が可能なことを示している;写図3参5
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る