{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010925117598   整理番号:68A0188391

軽量建築材の最適気孔の生成

Formation of optimum pore structure in lightweight building materials.
著者 (4件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 86-89  発行年: 1968年
JST資料番号: B0241A  ISSN: 0008-8862  CODEN: CMLGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
軽量建材の気孔の構造と骨材の各種性質に及ぼす影響を研究.気孔の測定には光学的方法(切断面に存在する気孔を顕微鏡で観察,数と孔径を計る方法),気体および液体圧入法(水銀圧入法,水圧入法,機械的方法(60~3000μの粒に粉砕し,燈油中で真比重を求め,かさ比重との関係より求める方法)があり,さらに光電光学的方法(骨材の磨いた面より反射する光量は気孔の数に反比例することを利用する方法)も最近開発された.気孔の割合,量と建材の断熱性,強度,吸水性,耐久性との関係についても言及;参10
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る