{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602010931018801   整理番号:58A0048679

プラスチックの潜在的硬化剤

Latent Curing Aids in Plastics.
資料名:
巻: 16  号:ページ: 34-36  発行年: 1958年
JST資料番号: D0336A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
プラスチックの製造者は,絶えずより速い硬化システムをさがしている。分子ふるいの1種としてLinde Chemical-Loaded Molecular Sievesを紹介。アミノシリケートの人工結晶体にいろいろの硬化剤を吸着させたもので,これをプラスチックに適当に配合すれば,貯蔵または加工温度で安定で,高温では急速な硬化を行える
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る