{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010944866003   整理番号:60A0056079

硫酸および過塩素酸溶液中でのチタン(IV)の状態のイオン交換的研究

Ion-exchange investigation of the nature of titanium(IV) in sulfuric acid and perchloric acid.
著者 (2件):
資料名:
巻: 82  号: 12  ページ: 3025-3031  発行年: 1960年
JST資料番号: C0254A  ISSN: 0002-7863  CODEN: JACSAT  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酸濃度1.5~2Mで,過塩素酸中ではTi(OH)3+とTi(OH)2++とが存在し,硫酸中ではさらにそれぞれにHSO4-が配位している。過塩素酸濃度が高くなるとチタン(IV)の過塩素酸錯塩を生ずる気配を示す

前のページに戻る