{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010948687332   整理番号:68A0119950

トリス(p-フルォルフェニル)ホスフィンオキシドおよびp-フルオルフェニルホスホン酸ジメチルの1Hおよび19F核磁気共鳴

H and 19F nuclear magnetic resonance spectra of tris(p-fluorophenyl)phosphine oxide and dimethyl p-fluorophenylphosphonate.
著者 (7件):
資料名:
巻: 71  号: 13  ページ: 4558-4560  発行年: 1967年
JST資料番号: C0334A  ISSN: 0022-3654  CODEN: JPCHAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
-一連のフェニルホスフィンォキシドおよびフェニルホスホン酸パラ置換体の芳香族陽子の化学シフトの差はかなり大きく,オルト,メタ位の陽子に対して,明確な四重項が観測された。これらの陽子および19Fのスペクトルの解析を行ない,結合定数を決定した;表1 参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る