{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602010962380444   整理番号:58A0052914

被氷時における400kV分割導体の動作

Работа расщепленной фазы линии 400 кв в усло-виях обледения.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 63-66  発行年: 1958年 
JST資料番号: R0026A  ISSN: 0201-4564  CODEN: EKSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
間隔320mの二憐問,鉄=塔う基,導体地上高23.5mの試験線で試験を行った。導体配置はクイビシェーフの線と同じもので,一辺の長さ40cmの正三角拶の各頂点に配置されたう導体。導体の径間中央の地上高+5°Cで7.45,7.04m。この場合の導体の張力約1500kg。この試験線による試験結果を記す
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る