{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602010966735832   整理番号:58A0051716

原子核乳剤の退色効果

Zum Fading-Effekt in Kernspuremulsionen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 53  号: 1-3  ページ: 46-59  発行年: 1958年
JST資料番号: E0449A  CODEN: ZPPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
核乳剤の露出-現像の時間を変え含水量の異るアググファK2核乳剤中の電子飛跡の潜像の退色の研究。退色度-時間曲線は2つの指数関数の和または2つの双曲線関数の和として表わし得る。成分関数の値と全関数の値との比は乳剤の含水量(vol.%)に比例して増減し,その半減期は含水量小なる時大体一定で大きくなるにつれ急激に滅少する。退色は潜像銀の蒸発過程と酸化過程の和として実験結果を解釈できる。さらに相対温度と含水量の関係をも追及
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る