{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010970889275   整理番号:68A0023648

II型超伝導体における弾性効果

Elasticity effects in typeII superconductors
著者 (1件):
資料名:
巻: 170  号:ページ: 470-474  発行年: 1968年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ギンツプルク-ランダウ超伝導体におけるひずみおよび応力効果の現象論をつくった。この理論から混合状態における弾性定数と比体積が得られる。現象論のパラメータをすべて決定する方法を示した。局在ひずみ場と磁束量子との相互作用エネルギーを与える正しい式を導いた;表1参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る