{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010973028009   整理番号:68A0217625

PCM用の光学式符号器

Optical PCM coder.
著者 (2件):
資料名:
巻: 10  号: 11  ページ: 1802-1803  発行年: 1968年
JST資料番号: E0292B  ISSN: 0018-8689  CODEN: IBMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アナログ信号を光学的手段を用いて極めて速くディジタル値に変換する方法の解説。アナログ信号はりん酸カリウムなどの結晶に電極を付けた光偏向器に与える。これに幅300μm,厚さ1μm,程度の光ビームのパルスを通過させる。通過した光は後方に設けてある光電変換素子のマトリクスを照射して,照射位置によって異なる符号化信号をビット並列に発生する。ビット直列の出力信号が欲しい場合には受光面と光電素子の間をビット毎に長さの異なる光パイプで結ぶ方法が好適である;写図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る