{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010979154227   整理番号:68A0086349

1958年~1965年間のソ連吾よび諸外国における溶接棒生産の発展の総計

Некоторые итоги развития производства сварочных электродов в СССР и за рубежом в 1958-1965 гг.
著者 (2件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 67-71  発行年: 1968年
JST資料番号: R0163A  ISSN: 0005-111X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソ連論よびその他すべての諸外国においても被覆溶接棒を用いる手動アーク溶接が最も重きをなしている。溶接棒の生産は世界中どこでも絶えず増大している。1958~1965年間のその状態を線図で示した。この間に平均2倍に増加している。被覆溶接棒の生産量の第1位はソ連,続いてアメリカ,日本である。1965年における人ロ一人当りの溶接棒の生産量は18~1.9kgで鉄の生産量と対比して示している。最近はソ連で研究,使用しているルチル被覆溶接棒が従来の毒性の高い溶接棒に代ってきている;写図3表2参15
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る