{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010982254860   整理番号:68A0127755

ポリべプチド鎖立体配座の核磁気共鳴および分光学による研究

Nuclear magnetic resonance and optical studies of poly peptide chain conformation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号: 23  ページ: 417-432  発行年: 1968年
JST資料番号: H0385A  ISSN: 0033-4545  CODEN: PACHAS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
巨大分子国際会議(ブラッセル);たんばく質とポリペブチドのα-ヘリックスおよびα-ヘリックスからランダムコイルへの転移についての高分解能NMRと円偏光二色性(CD)による研究の紹介。ポリーrーベンジルーLーグルタメート(PBLG)とホリーβ一べンジルーLーアスパレート(PBLA)のNMRを測定。ヘリックスを保持する溶媒としてはクロロホルムを,ヘジックスをこわす溶媒としては,トリフル才ル酢酸(TFA)を使用。TFAの濃度変化を行なう。PBLGとPBLAのCのの結果と比較。へリックスーコィル転移の原因についても議論;写図16参20
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る