{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010989236515   整理番号:68A0195328

完全自動玉揚げ,コップ交換装置

Vollautomatische Abzieh-und Aufsteckanlage.
資料名:
巻: 49  号:ページ: 274-275  発行年: 1968年
JST資料番号: D0038A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Znser社によって開発された,リング精紡機用の備え付け玉揚げ,コッブ交換装置について論ずる。この装置はCO-WE-MATと称する。この自動機の構造は簡単で,占有空間が少なく,玉揚げとコップ交換のための停台時間は,最低わずかに2分間である。この機械の構造と作用機構が詳細に説明される。綿紡の場合には両側が同時に,そ毛紡の場合は片側づつ別々に,玉揚げされる。玉揚げ時間を手作業,移動機と比較すると,太番手では手作業の約半分,細番手では%,償却年月は移動機よ太太番手では,はるかに短く,細番手では,ほぼ同じ位である;図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る