{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010992854610   整理番号:68A0242074

交番磁界における粒界配向けい棄一鉄の強磁性磁区

Ferromagnetic domains in grain-oriented silicon-iron under alternating field conditions.
著者 (1件):
資料名:
号: 33  ページ: 110-112  発行年: 1967年
JST資料番号: B0665A  ISSN: 0537-9989  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
古典的な手法で計算された損失値と実測値が大きく異なる“異常損失”の現象を磁性体内の磁区構造,磁壁移動に対する考察から説明するために,配向けい素一鉄において,カ一効果を用いた磁区構造を観察検討した。その結果,最大磁束密度の大きさをいろいろ変えた場合の磁壁の変位に対する磁壁の個数の分布状態,直流から100c/ままで周波数を変えた場合の各磁壁の移動状態の差異,磁壁のわん曲,欠陥によるひっかかりなどについて説明した;写図3参3

前のページに戻る