{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010996266799   整理番号:68A0185930

化粧品製造の際におこる細菌的汚染についての実際上の経経験

Erfahzungen aus der Prax is iber die Kontaminieru ngkosmetischer Prarate bei der Hers.
著者 (2件):
資料名:
巻: 94  号: 21  ページ: 709-712  発行年: 1968年
JST資料番号: E0098A  ISSN: 0942-7694  CODEN: SOFWAF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
化粧品の工業的製造の際は,全工程中防腐剤の添加によって,細菌的汚染は少しもありえない,といわれているが,存在するミクロ有機物の数と防腐剤についての不可欠の消費との間には,絶対的相関係はありえないなどの説を紹介。細菌に襲撃される主なる原因は原料,とくに水に原因する。硬水を連続的に脱鉱物質する装置によって製した,水中に含有される細菌について,および同水中の細菌の発育について論じた。製造工程中細菌汚染の本質的な危険の一つは,汚れている製造装置の使用にあることを詳解;写図2表2参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る