{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602010998464733   整理番号:58A0002923

カナダの原子動力炉(NPDおよびCANDU)

Power Reactors in Canada-NPD and CANDU Studies.
資料名:
巻:号: 29  ページ: 334-338  発行年: 1958年
JST資料番号: D0207A  ISSN: 0029-5507  CODEN: NUENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
5mills/kWhを目標とする加圧重水冷却,電気出力200MWの動力炉の設計概略を紹介している。燃料に天然ウランの酸化物を,また被覆材にZircaloy2を使用して,8100MWD/tonnesウランのirradiationを目標としている。燃料中心部の最高温度は2200°C。入口温度221°C,出口温度274°C,1000psiの冷却用加圧重水はZircaloy2の圧力管内を通り,モデレータの重水と分離されている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る