{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011007158130   整理番号:68A0311594

in uiuoおよびin uitroでの白血病L1210細胞の周期

The cell cycle of leukemia cells in vivo nc in vitro.
著者 (4件):
資料名:
巻: 126  号:ページ: 903-906  発行年: 1967年
JST資料番号: D0157A  ISSN: 0037-9727  CODEN: PSEBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
白血病のL1210細胞は抗しゅよう剤として注目されているが,この新生物の腹水細胞を培養しこれをマウスに移植したとき白血病と同じ症状を呈する。細胞周期とその細胞の薬物に対する感受性の関係を明らかにするためにマウス中で増殖している細胞,試験管で増殖している細胞および培養したのちにマウスに移植し体内で増殖している細胞のそれぞれについて,細胞周期の比較を試みた。それぞれの場合にL1210細胞は105個を用いた。その後にチミジン-(メチル-3H)を腹くう内投与あるいは試験管に加え,種々の時間後に動物を殺し反応を止めて,標識された中間期細胞数の測定から細胞周期を求めた。この結果どの場合にもほぼ同じ周期を示し,TC15.7h,TG21.5.h,TM0.5h,TS11.7h,TG12.0hであった。このことは培養された細胞による実験結果が,生体内での実験と同様に重要視し得ることを示している;写図1表1参9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る