{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011016129606   整理番号:68A0062281

高性能軸流ターボマシンの研究と開発I

Tagung des DKV in Berlin 1967.
資料名:
巻:号:ページ: 210-211  発行年: 1968年
JST資料番号: E0125A  CODEN: KAETA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NASAのアホペロ計画では宇宙船は塔載電源として3個の2kW燃料電池を装備するが,宇宙航行将来計画では数十kWの動力が必要とされている。エネルギー源には原子と太陽熱をもちいるが,これを動力に変換するためにブレイトンサイクルの使用が考えられている。ブレイトンサイクル向の原動機としてNASAの委託によりP&W社は軸流タービン圧縮機セットを設計し,全体能の検討ならびにアルゴンガス軸受試験の結果を本報により報告している。この原動機の性能はアルゴン流量約0.3kg/s,圧縮機6段,タービン1段で50000RPM,駆動発電機は12kW;写図92表23表2
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る