{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011018609427   整理番号:68A0211406

誘導機の高調波電磁界の最大非同期トルクに対する飽和の影響

資料名:
巻: 10  号: 10  ページ: 1086-1090  発行年: 1967年
JST資料番号: R0144A  ISSN: 0136-3360  CODEN: IVUEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
誘導機の電磁的プロセスは複雑で,力学的特性は電磁界の基本波成分について論じられてきたが,その結果は実測値と相当の差があった。原因は電磁界の高調波分である。高調波は構造と深く関係し,ギャップが小さいと高調波は大きくなり,特に回転子がかご形の場合に強い。高調波の作るトルクについてはすでに一般的研究があるが,本文ではトルクと飽和に注目して論じた。高調波トルク曲線は基本波のそれと相似である。ただ最大トルクの発生する速度が互いに異なる。実際の電動機について,実測データを集め,実験的に研究した;写図4参9

前のページに戻る