{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011021474311   整理番号:68A0319208

水の二重構造モデルの熱力学 IV 重水における氷類似および不規則構造の熱力学的性質の計算

Термодинамика двухструктурной модели воды. IV. Расчет термодинамических свойств льдоподобной и разупорядоченной структур в тяжелой воде.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 600-605  発行年: 1967年
JST資料番号: R0113A  ISSN: 0136-7463  CODEN: ZSTKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
重水の熱力学的性質と構造の計算に二重構造モデルを適用した。0-60°Cにおける重水の氷類似および不規則な構造の熱力学ポテンシャル,エンタルピー,エントロピーおよび相対的な量をH2OとD2O蒸気の分子と弾性のちがいから計算した。D2Oの構造のエンタルピーと熱力学ポテンシャルの減少は重水素の結合のかなりの安定性をしめす。0sKでのD-結合のエネルギーが通常の水素結合より約300cal大きいことをしめした。氷類似構造で,相当した同位体効果の大きさの比較を示す不規則構造の熱力学的性質の同位体的相違から不規則構造中に水素結合で結合した分子団があるという結論をみちびいた;図2 表3 参15

前のページに戻る