{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011030948768   整理番号:68A0113844

水素一よう素反応の機構解釈における不明瞭さ

Ambiguities in mechanistic interpretations of the hydrogen-iodine reaction.
著者 (1件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 3097-3098  発行年: 1967年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水素とよう素の光化学反応に対して,最近,Sulivanが求めた三次の速度定数に対して,絶対反応速度論を応用すると,矛盾を生じ,次の条件を考えなければ,これを解くことはできない。すなわち,2HIに致る遷移状態に達するときに,単調に増加する1とH2のェネルギー面を構成することが不可能であるということ,または,適当な状態の分配関数を知るだけでは定常濃度に診ける反応速度定数を計算するには充分でないことなどの条件;写図1 参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る