{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011037052212   整理番号:68A0270206

標準ユニットシステムによる骨組構造物

Skelettbauten nach dem Baukastensystem.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 377-380  発行年: 1967年
JST資料番号: B0056A  ISSN: 0005-6758  CODEN: BABAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
建築構造体には壁構造と骨組構造によるものがあるが,いろいろの点を考慮すると,骨組構造が現代,未来に適している。この一階,あるいは数階建の骨組構造物には工場でのプレハブが応用しえる。多目的建物と多様に応用可能でコンビネーション可能な建築エレメントが将来の需要とプレハブ工業に最も必要とされる。建築の標準化は寸法の統一調整はもちろん,ジョイントの解決と各特定箇所の統一調整をも必要とする。平家工場建築を例に,各スパン,階高などの実例ひん度をグラフに表しだ。各種の点を考慮し,慎重に計画せねばならない;図1表9参4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る