{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011040800580   整理番号:68A0010099

厚いリチウムドリフト・シリコン検出器の製造

The manufacture of thick lithium-drifted silicon detectors,
著者 (3件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 55-60  発行年: 1967年
JST資料番号: D0208A  ISSN: 0029-554X  CODEN: NUIMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コロラド大学のサイクロトロン研究室における原子核実験に使用されている厚いSi検出器の製法を紹介する。通常の検出器製造法に対し簡単で手順を少くすることに特に努力した。a.切断とラッピング,b.直径の削除,c.Liの蒸着,d.Niプレーテング,e.溝切り,f.エッチング,g.エイジング,h.ドリフテング,i.エッチング,j.最終エッチング,k.金の蒸着,l.マウンテング。以上により検出器は完成する。これらの手順を具体的に示した。検出器は室温でもドライアイス温度でも利用でき,最良の検出器に比べ特性は劣らない;図9参10
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る