{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011045555770   整理番号:68A0102720

飛石に対する前面ガラスの安全性

Safety of windshield against flying stones
著者 (2件):
資料名:
号: 920  ページ: 53-61  発行年: 1967年
JST資料番号: E0203B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表記に対する限界を求めるために厚さ5mmの強化ガラス,2.5mmの化学的に強化したガラス,化学強化合せガラス,合せガラスなどをテストした。実際には砕石や砂利が当ることが多いが,砕石の角が当るとはきまらないので,鋼球でテストをした。その結果熱処理により,または化学的に強化されたガラスは強度不足で多くの場合,石はあまり速度を落さずに車内に飛び込んでくる。ガラスの破片も目に危険であり,制動中の視野も確保できない。化学強化合わせガラスは強度については十分であるが視野は保証できない。普通の合せガラスは強度も十分で視野も停止する迄確保できる。本レポートはSAE Paper 670907である;写図11
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る