{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011047299712   整理番号:68A0140118

低変化率と高変化率の動力学データから求めた活性点濃度の不一致

Discrepancy in active site concentrations estimated using low-conversion and high-conversion kinetic data
著者 (3件):
資料名:
巻:号: 11  ページ: 1037-1038  発行年: 1967年
JST資料番号: C0757A  ISSN: 0022-3832  CODEN: JPYBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近著者らはオレフィン重合の初期過程を解析して.不均一系配位触媒の活性点濃度を求め,Et2AIC1-TiCl5系について1×10-3 mol/molTicl3の結果を得た(J.PolymerSci,A-1,4,2583(’66))が.これは他の報告よりかなり少さい。重合時において10-60分と90-240分との二つの定常状態か観察され.両者の間では動力学データは平行でない。著者らの得た結果は低変化率におけるデータから求めたものであり.もし高変化率のデータを零に外そうすると他の報告の結果と非常に良い一致を示す結果が得られる:表3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る