{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602011051451774   整理番号:68A0311114

パルス中性子源とボアホール速中性子発生装置の設計

Konstrukcja impulsowego rdia neutronw oraz odwiertowego generatora neutrdndw prdkich.
著者 (7件):
資料名:
巻: 12  号: 45  ページ: 371-382  発行年: 1968年
JST資料番号: H0326A  CODEN: NUKLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ポーランド (POL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
携帯用中性子発生装置について述べている。中性子管のパルス操作は磁性要素法で制御され,携帯用中性子発生装置は長さ1000mm,直径100mmの鋼製管内側におさめられて軸り,連続操作中の中性子収率は108n/sekである。ボアホール中性子発生装置の原型についても述べられている。ボアホール・プローブはパルス中性子源,二次放射線の検出器,プローブから表面装置への伝達情報へのサーキットおよび表面装置をもつ中性子管の作業を同時性にするための特殊サーキットなどでもって改良された。また表面電子装置は放射線捕獲のためガンマー量の時間分布を測定可能である;写図6表2参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る